WordPressの高速化!プラグインばかり増やしてませんか?

  • カテゴリ:WordPress
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

この記事は約3分で読めます。

高速化のイメージ

WordPressの高速化するために、いろんなプラグインをインストールしているかと思いますが、今回の記事はある程度WordPressの高速化は対応したけど、もう少し速くしたいという方向けの記事です。

普通はWordPressを高速化するために、高速化するために必要なプラグインという形でキャッシュ関係や圧縮関係、画像関係などのプラグインをインストールするのですが、今回はプラグインを削除しましょうという内容です。

そして、削除したプラグインの代用コードをfunction.phpに書いたり、他の方法を使いサーバーとの応答速度を速くして、全体的にも高速化しようといったところです。

サーバーとの最初のご挨拶「サーバー応答時間(TTFB)」の短縮

「サーバー応答時間の短縮(TTFB)」というのは、サーバーとの最初のご挨拶の部分なんです。
これは、画像の軽量化やCSSの圧縮率など関係なくて、それら以前のサーバーとの最初の通信にどれぐらい時間がかかったかの部分なんです。
なので、この通信が完了しないと、その後の様々な通信が行われないので、早めにあサーバーとの挨拶をしときたいところです。

Googleのページスピードのサイトも「サーバー応答時間の短縮(TTFB)」に対してあまり説明を入れてないですよね。
これは、フロント側の高速化テクニックよりも、サーバーサイド側やPHPのプログラム処理の原因で速度が変わってくるため、あまり説明的な事がないんだろうなーと思います。

サーバー応答時間の短縮(TTFB)を、簡単に解決したいのなら高速なサーバーに引っ越ししたほうが早いのですが、それはまた別の話で、、

プラグインを削除しましょう

早めにサーバーとの挨拶を済ませたいのならプラグインを削除しましょう。
管理画面だけの機能するようなプラグインもフロント側でクエリ(動作)している様子です。

実際に試してみましたが、体感としてはだいぶはやくなりました。
※この出来事を元に記事にしてみました(笑)

プラグイン対応をコード化する

じゃあ、なんのプラグインを削除するのかというと、何かに代用ができるプラグインは全て削除しましょう。

例えば、

  • httpからhttpsに変更するプラグイン → htaccessでリダイレクト設定しましょう。
  • 関連記事を表示するプラグイン → 直接コードに書いちゃいましょう。
  • 管理画面内でアクセス解析するプラグイン → GoogleAnalyticsをマスターしましょう。
  • アドセンスなど広告を表示するプラグイン → WordPressのテンプレート構造を理解して、直接コード書いちゃいましょう。
  • ランキング記事を表示するプラグイン → function.phpにコードを書いちゃいましょう。

ちょっと難解な部分もあるかと思いますが、WordPressを高速化するという目的があればできるはずです。
更にWordPressの理解も更に進むはずです。

最近あるところでプログラミングブームがあったりしますが、その手始めとしてWordPressの構造を勉強するのもありなのかなと思います。

とりあえず、WEBで検索してソースをコピペするところから始めてみましょう。

注意点として、
カスタム投稿を使っている方は、コピペするソースを要チェックです。
必要カスタム投稿に対応したコードじゃない場合が多々あるので、その場合はカスタム投稿用の追加記述が必要だったりします。

WordPressの高速化するために何かを増やすだけではなく、削るという行為も重要です。
人生もそうですね。。

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します