Web制作ブログ

制作関連やデザイン、コーディング、WordPress、SEOや集客のネタなどのブログ

WordPress

wordpressの「投稿」もしくはポストタイプがPOSTで専用のファイルを使いたい

カテゴリ:WordPress

この記事は約1分53秒で読めます。

ずばり

single-post.phpのファイル名で作成したものは自動で「投稿」の詳細ページとして読み込まれます。

これ、もしかしたら皆様知ってるかもしれないですが、wordpressの「投稿」は、カスタム投稿でポストタイプとして考えると「post」というnameのポストタイプ名なんです。

wordpressインストールしたときに既に左メニューにある「投稿」というのはデフォルトで用意されてる「post」という名のポストタイプ名なんですね。

なので、通常のカスタム投稿で詳細ページ専用の読み込みファイルを作る時と同じように「single-post.php」というファイル名を作成すると、wordpressの通常の「投稿」詳細ページを読み込みに行くというハナシなんですね。

「single-post.php」と「single.php」の使い分け

例えば、wordpressの「投稿」は通常のブログ的な使い方をして、カスタム投稿を一つなり複数プラスした場合、この場合は

single-post.phpは「投稿」で使用され、single.phpは「カスタム投稿」に使用される。

なので、

 

複数のカスタム投稿に対して、複数の同じカスタム投稿名でsingle.phpを作成しなくて済むのです!

これは結果的にカスタム投稿はすべて同じようなレイアウトではないといけませんが、、効率的にWEBサイトを構築できます。

今日は

“single-Post” がポストタイプPostの代わりになる

こんなことを記事にしてみました。 

合わせて読みたい「WordPress」の記事

この記事を書いた人

Growing Scale

コーディング歴約15年。WordPress化したサイトは約100サイト。SEOキーワードで上位表示経験多数。最近はGoogleのデーターポータルがおもしろい。ウェブ解析士。サイト制作実績

GrowingScale代表

記事タイトルとURLをコピーする

Web制作」の関連記事

Google Analyticsで自分を除外する方法

SEO対策

Google Analyticsを使いアクセス解析をスタートすると、自分がアクセスした数を除外したくなります。そこで、...

続きを読む

wordpressの新規投稿 ができなかったけど解決!した話

WordPress

もっと言うと、投稿記事の更新もできない。記事に文書追加して更新ボタンをクリック。その後再読込すると追加した分が消えてま...

続きを読む

contact form 7のメール送信できない解消法

WordPress

contact form 7は、便利な分他のメール送信プラグインと比べエラーが多い印象がしますね。 しかし、メールの設...

続きを読む

WordPressのリカバリーモードのイメージ画像

WordPressの「リカバリーモード」は制作会社にとって良いニュース

WordPress

WordPressで真っ白な画面になって焦ったことはないですか? リカバリーモードとは ・ユーザーは「このサイトは現在技...

続きを読む