Web制作ブログ

制作関連やデザイン、コーディング、WordPress、SEOや集客のネタなどのブログ

WordPress

contact form 7のメール送信できない解消法

カテゴリ:WordPress

この記事は約1分7秒で読めます。

contact form 7は、便利な分他のメール送信プラグインと比べエラーが多い印象がしますね。
しかし、メールの設定がしやすいから使っちゃうんだよなー。

このサイトで重大なエラーが発生しました。

のエラーメッセージが表示されました。
一通り、WordPressのエラーチェックをしましたが解消されず、、

試しに、
wp-config.phpのdefine( 'WP_DEBUG', false );を
falseから
trueに
変更してエラーコードの確認

Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function get_status()
から始まり、
contact-form.php on line 768
で終わり。

うむむむーーー

Google先生に聞きまくっていたら、どうもcontact form 7の実ファイルのコード書き換えで対応しているケースを発見。
いや、プラグインを更新した際に上書きされちゃうし、この案は却下。

その後、custom-permalinksのプラグインを外した際に、エラーが解消され、メールの送信ができることがわかりました。

これはパーマリンク関連が怪しいと思い、更に調査。

送信できない問題を解決

結果的に、記事のスラッグが要因で、スラッグはパーマリンクが反映されることが多いですが、記事詳細ページのcustom-permalinksの項目部分を削除した状態で更新ボタンを押して、再度メールの送信を試みるとエラーが表示されず送信されました!

直接的な原因の解消はできてないですが、スラッグの部分が重要みたいです。

今回はプラグイン同士の干渉が原因と思っていますが、同じようにcontact form 7のメールの送信ができなくなったときは、参考にしてみてください。

custom post typeが入っていてエラーがでた場合

これも、カスタム投稿のスラッグがエラーの原因になっている可能性が高いです。

ではでは、

合わせて読みたい「WordPress」の記事

この記事を書いた人

Growing Scale

コーディング歴約15年。WordPress化したサイトは約100サイト。SEOキーワードで上位表示経験多数。最近はGoogleのデーターポータルがおもしろい。ウェブ解析士。サイト制作実績

GrowingScale代表

記事タイトルとURLをコピーする

Web制作」の関連記事

Google Analyticsで自分を除外する方法

SEO対策

Google Analyticsを使いアクセス解析をスタートすると、自分がアクセスした数を除外したくなります。そこで、...

続きを読む

wordpressの新規投稿 ができなかったけど解決!した話

WordPress

もっと言うと、投稿記事の更新もできない。記事に文書追加して更新ボタンをクリック。その後再読込すると追加した分が消えてま...

続きを読む

contact form 7のメール送信できない解消法

WordPress

contact form 7は、便利な分他のメール送信プラグインと比べエラーが多い印象がしますね。 しかし、メールの設...

続きを読む

WordPressのリカバリーモードのイメージ画像

WordPressの「リカバリーモード」は制作会社にとって良いニュース

WordPress

WordPressで真っ白な画面になって焦ったことはないですか? リカバリーモードとは ・ユーザーは「このサイトは現在技...

続きを読む