Web制作ブログ

制作関連やデザイン、コーディング、WordPress、SEOや集客のネタなどのブログ

Webツール

Bracketsをバージョンアップしてから、起動できなくなった時の対処方法

カテゴリ:Webツール

この記事は約1分40秒で読めます。

Bracketsが起動しない。。

今回、Adobe Bracketsを更新したのですが、起動せず、、
その前にやった事といえば、Adobe Bracketsのバージョンアップ。
もしかして、バージョンアップが原因か?
少し立ち上がるのですが、何も入力できない状態でした。

とりあえずBracketsを強制終了

「Ctr」+「Alt」+「Delete」でタスクマネージャーを起動して、Bracketsを強制終了。
WEBで今回のBracketsのバージョンアップ内容を確認してみる。
なんとそのなかにエンコードの多数の対応と買いてあるではないか!
あれ?確かそんなふうな拡張機能を入れてた記憶が、、

起動できなかった原因は機能がかぶっていたから?!

起動できなかった原因は、今回のバージョンアップにエンコードの多数対応と拡張機能のエンコードプラグインが干渉していたみたいです。

その後
「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Brackets\extensions\user」
内にある
「brackets-shizimily-multiencoding」
のフォルダを削除したら、Bracketsが普通に起動しました。
やったぜい!

合わせて読みたい「Webツール」の記事

この記事を書いた人

Growing Scale

コーディング歴約15年。WordPress化したサイトは約100サイト。SEOキーワードで上位表示経験多数。最近はGoogleのデーターポータルがおもしろい。ウェブ解析士。サイト制作実績

GrowingScale代表

記事タイトルとURLをコピーする

Web制作」の関連記事

Google Analyticsで自分を除外する方法

SEO対策

Google Analyticsを使いアクセス解析をスタートすると、自分がアクセスした数を除外したくなります。そこで、...

続きを読む

wordpressの新規投稿 ができなかったけど解決!した話

WordPress

もっと言うと、投稿記事の更新もできない。記事に文書追加して更新ボタンをクリック。その後再読込すると追加した分が消えてま...

続きを読む

contact form 7のメール送信できない解消法

WordPress

contact form 7は、便利な分他のメール送信プラグインと比べエラーが多い印象がしますね。 しかし、メールの設...

続きを読む

WordPressのリカバリーモードのイメージ画像

WordPressの「リカバリーモード」は制作会社にとって良いニュース

WordPress

WordPressで真っ白な画面になって焦ったことはないですか? リカバリーモードとは ・ユーザーは「このサイトは現在技...

続きを読む