Bracketsをバージョンアップしてから、起動できなくなった時の対処方法

  • カテゴリ:ツール
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

この記事は約1分で読めます。

Bracketsが起動しない。。

今回、Adobe Bracketsを更新したのですが、起動せず、、
その前にやった事といえば、Adobe Bracketsのバージョンアップ。
もしかして、バージョンアップが原因か?
少し立ち上がるのですが、何も入力できない状態でした。

とりあえずBracketsを強制終了

「Ctr」+「Alt」+「Delete」でタスクマネージャーを起動して、Bracketsを強制終了。
WEBで今回のBracketsのバージョンアップ内容を確認してみる。
なんとそのなかにエンコードの多数の対応と買いてあるではないか!
あれ?確かそんなふうな拡張機能を入れてた記憶が、、

起動できなかった原因は機能がかぶっていたから?!

起動できなかった原因は、今回のバージョンアップにエンコードの多数対応と拡張機能のエンコードプラグインが干渉していたみたいです。

その後
「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Brackets\extensions\user」
内にある
「brackets-shizimily-multiencoding」
のフォルダを削除したら、Bracketsが普通に起動しました。
やったぜい!

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します