Web制作ブログ

制作関連やデザイン、コーディング、WordPress、SEOや集客のネタなどのブログ

SEO対策

Fetch as Googleで一時的にアクセスできませんを考える【要チェック】

カテゴリ:SEO対策

本ページはプロモーションが含まれています

ダウンロード時間

この記事は約1分26秒で読めます。

こんにちは!グローイングスケールの竹林と申します。

Web業界15年以上でWordPress(100サイト以上構築)とSEOが得意なWebデザイナーです。
有料noteで「爆速!速くGoogleにインデックスしてもらう方法」を書いたので、ご興味ありましたらご覧ください。
「好き」なことを仕事にしたいという方のお役に立てればと思います。

記事を書き終わったのでFetchasGoogleをしようとすると「一時的にアクセスできません」とビックリマークで警告される場合があります。

「一時的にアクセスできません」から「完了」にするための解決方法として、サーチコンソールの「ページのダウンロード時間」を確認してもらいたいです。

FetchasGoogleのエラーはGoogleクローラーがページを巡回するときに各ファイルをダウンロードしていくのですが、そのダウンロード量が多い場合に「一時的にアクセスできません」と表示される場合があります。

【要チェック】サーチコンソールの「クロールの統計情報」ページ

海外SEO情報ブログにて「クロールの統計情報」ページの説明がありました。

Googlebot がページをクロールするときにかかるダウンロード時間が 1,000 ミリ秒を超えると、クロールに支障をきたすかもしれません。

一応の目安として、100 〜 500 ミリ秒以内を考慮しておくとよさそうです。

また

ダウンロード時間が 100 〜 500 ミリ秒くらいであれば (Googlebot は)クロールしやすい。1,000ミリ秒、つまり 1 秒を超えると、サーバーが本当に遅いという兆候になりクロールに制限をかけるかもしれない。

とも、Google のジョン・ミューラーさんはおっしゃっております。

「一時的にアクセスできません」はクローラーのダウンロード時間も関係あるのでは!?

ダウンロード時間が大幅に遅いとクロールに制限をかけるとのことだったので、十分に「クロールの統計情報」のページでダウンロード時間が大幅に時間かかっていたら、Fetch as Googleでも「一時的にアクセスできません」と表示される可能性があると思います。

ダウンロード時間を短くする方法

ページの表示速度にも関係してくることですが、一般ユーザーがブラウザで見た時のダウンロード時間と、クローラーがサイトをクローリングするダウンロード時間は違うそうです。

しかし、基本的にページの表示速度を改善していけば、クローラーのダウンロード時間が短くなっていくんじゃないんだろうかと思います。

例えば、

  • サーバーを変えてみる ← これ結構効果あると思います。
  • 画像ファイルを圧縮して軽くする
  • htmlやcss、jsのファイルを圧縮する
  • リクエスト量を減らす ※アイコン画像などはCSSで対応する。そもそも画像を使わないなどなど

などなど
Fetch as Googleで一時的にアクセスできませんと表示されたら、試してみる価値はあると思います。

合わせて読みたい「SEO対策」の記事

執筆者

Growing Scale

Web業界約15年。WordPress化したサイトは約100サイト。SEOキーワードで上位表示経験多数。最近はGoogleのデーターポータルがおもしろい。ウェブ解析士。サイト制作実績

GrowingScale代表

記事タイトルとURLをコピーする

Web制作」の関連記事

おすすめのホームページ制作会社として掲載されました

こちら(https://seo-assist.jp/seo_measures2/20231219104838/)のサイ...

続きを読む

職業訓練校での講師業スタート

グローイングスケール代表 竹林は、職業訓練校での講師業を開始しました。 Web制作と、SEO対策の全般にわたる知...

続きを読む

新登場!3つのWeb制作プラン

グローイングスケールの新しいWeb制作プランが登場。 今回は、特に不動産仲介会社、老人ホームの営業会社、そしてク...

続きを読む

【爆速!速くGoogleにインデックスしてもらう方法】note販売中

今までの経験や実績を元に、Googleに速くインデックスしてもらう方法をnoteにまとめて販売しております。※¥5,9...

続きを読む

アドセンスのクリック単価が低い原因

アドセンスのクリック単価が低い原因

AdSense(アドセンス)

アドセンスのクリック単価が低い原因は様々な原因が考えられます。 よくいわれるのは、 ページの内容が、クリ...

続きを読む

エックスサーバーとビジネスパートナーになりました

グローイングスケールは、この度、業界をリードするホスティングサービスプロバイダーであるXサーバーとのビジネスパートナー...

続きを読む