Fetch as Googleで一時的にアクセスできませんを考える【要チェック】

  • カテゴリ:SEO対策・アクセスUP
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

この記事は約2分で読めます。

ダウンロード時間

記事を書き終わったのでFetchasGoogleをしようとすると「一時的にアクセスできません」とビックリマークで警告される場合があります。

「一時的にアクセスできません」から「完了」にするための解決方法として、サーチコンソールの「ページのダウンロード時間」を確認してもらいたいです。

FetchasGoogleのエラーはGoogleクローラーがページを巡回するときに各ファイルをダウンロードしていくのですが、そのダウンロード量が多い場合に「一時的にアクセスできません」と表示される場合があります。

【要チェック】サーチコンソールの「クロールの統計情報」ページ

海外SEO情報ブログにて「クロールの統計情報」ページの説明がありました。

Googlebot がページをクロールするときにかかるダウンロード時間が 1,000 ミリ秒を超えると、クロールに支障をきたすかもしれません。

一応の目安として、100 〜 500 ミリ秒以内を考慮しておくとよさそうです。

また

ダウンロード時間が 100 〜 500 ミリ秒くらいであれば (Googlebot は)クロールしやすい。1,000ミリ秒、つまり 1 秒を超えると、サーバーが本当に遅いという兆候になりクロールに制限をかけるかもしれない。

とも、Google のジョン・ミューラーさんはおっしゃっております。

「一時的にアクセスできません」はクローラーのダウンロード時間も関係あるのでは!?

ダウンロード時間が大幅に遅いとクロールに制限をかけるとのことだったので、十分に「クロールの統計情報」のページでダウンロード時間が大幅に時間かかっていたら、Fetch as Googleでも「一時的にアクセスできません」と表示される可能性があると思います。

ダウンロード時間を短くする方法

ページの表示速度にも関係してくることですが、一般ユーザーがブラウザで見た時のダウンロード時間と、クローラーがサイトをクローリングするダウンロード時間は違うそうです。

しかし、基本的にページの表示速度を改善していけば、クローラーのダウンロード時間が短くなっていくんじゃないんだろうかと思います。

例えば、

  • サーバーを変えてみる ← これ結構効果あると思います。
  • 画像ファイルを圧縮して軽くする
  • htmlやcss、jsのファイルを圧縮する
  • リクエスト量を減らす ※アイコン画像などはCSSで対応する。そもそも画像を使わないなどなど

などなど
Fetch as Googleで一時的にアクセスできませんと表示されたら、試してみる価値はあると思います。

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します