レスポンシブの説明とリキッドの説明と横スクロールバーの話し

  • カテゴリ:コーディング
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

この記事は約1分で読めます。

とある自社サイトのリニューアルを進めている最近なのですが、、

サイトの完成時に、たまにある認識のズレで制作者としては当たり前でわかる部分ですが、暗黙の了解的になっている部分ってありませんか?

作ろうとしているサイトのレイアウトは、ブラウザで見た時に横スクロールでてきますか?

今回、上司が参考にしているサイトは、フルリキッドレイアウトでブレイクポイントによって、レスポンシブしているサイトを参考にしておりました。

上司がそのサイトの何が良いと思っているかという部分では、やはり横スクロールがでない、フルリキッドレイアウトで組んでいるという部分。
リキッドという言語化ができたらいいのですが、上司の説明ではわからない、、
ここで1ワナ

ブラウザの横スクロールバーの悲劇

サイトが完成してクライアントなどにお見せした時、ブラウザの横スクロールバーがでてくるとそこを急に指摘される事がありますよね。
これは、サイトの横幅と、ウィンドウの大きさによって横スクロールがでてくる事があります。
それが想定外の場合、作り直しーって、、
なるパターンも、、

こういう部分って結局、わからない人からしたら感覚的な話しになってしまい、後に変化したりしてしまうのが怖い部分ですね。
※まあ自分も少し感覚的な話し多めですが、、(笑)

よくよく上司が参考にしているサイトを見るとmax-widthを指定しておらず、どの端末の大きさでもデザインとして成り立つようにレイアウトされておりました。

しかし、うちのリニューアルしているサイトは現段階でそこまで考えておらず、max-widthなりを指定して、リキッドではあるが、ある横幅の大きさまではレイアウトが動かないように設定しました。

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します