Web制作ブログ

制作関連やデザイン、コーディング、WordPress、SEOや集客のネタなどのブログ

コーディング

レスポンシブの説明とリキッドの説明と横スクロールバーの話し

カテゴリ:コーディング

この記事は約1分58秒で読めます。

とある自社サイトのリニューアルを進めている最近なのですが、、

サイトの完成時に、たまにある認識のズレで制作者としては当たり前でわかる部分ですが、暗黙の了解的になっている部分ってありませんか?

作ろうとしているサイトのレイアウトは、ブラウザで見た時に横スクロールでてきますか?

今回、上司が参考にしているサイトは、フルリキッドレイアウトでブレイクポイントによって、レスポンシブしているサイトを参考にしておりました。

上司がそのサイトの何が良いと思っているかという部分では、やはり横スクロールがでない、フルリキッドレイアウトで組んでいるという部分。
リキッドという言語化ができたらいいのですが、上司の説明ではわからない、、
ここで1ワナ

ブラウザの横スクロールバーの悲劇

サイトが完成してクライアントなどにお見せした時、ブラウザの横スクロールバーがでてくるとそこを急に指摘される事がありますよね。
これは、サイトの横幅と、ウィンドウの大きさによって横スクロールがでてくる事があります。
それが想定外の場合、作り直しーって、、
なるパターンも、、

こういう部分って結局、わからない人からしたら感覚的な話しになってしまい、後に変化したりしてしまうのが怖い部分ですね。
※まあ自分も少し感覚的な話し多めですが、、(笑)

よくよく上司が参考にしているサイトを見るとmax-widthを指定しておらず、どの端末の大きさでもデザインとして成り立つようにレイアウトされておりました。

しかし、うちのリニューアルしているサイトは現段階でそこまで考えておらず、max-widthなりを指定して、リキッドではあるが、ある横幅の大きさまではレイアウトが動かないように設定しました。

合わせて読みたい「コーディング」の記事

この記事を書いた人

Growing Scale

コーディング歴約15年。WordPress化したサイトは約100サイト。SEOキーワードで上位表示経験多数。最近はGoogleのデーターポータルがおもしろい。ウェブ解析士。サイト制作実績

GrowingScale代表

記事タイトルとURLをコピーする

Web制作」の関連記事

Google Analyticsで自分を除外する方法

SEO対策

Google Analyticsを使いアクセス解析をスタートすると、自分がアクセスした数を除外したくなります。そこで、...

続きを読む

wordpressの新規投稿 ができなかったけど解決!した話

WordPress

もっと言うと、投稿記事の更新もできない。記事に文書追加して更新ボタンをクリック。その後再読込すると追加した分が消えてま...

続きを読む

contact form 7のメール送信できない解消法

WordPress

contact form 7は、便利な分他のメール送信プラグインと比べエラーが多い印象がしますね。 しかし、メールの設...

続きを読む

WordPressのリカバリーモードのイメージ画像

WordPressの「リカバリーモード」は制作会社にとって良いニュース

WordPress

WordPressで真っ白な画面になって焦ったことはないですか? リカバリーモードとは ・ユーザーは「このサイトは現在技...

続きを読む