個人事業主の知恵袋

個人事業主の方に向けて、実体験をベースに個人事業主をスムーズにするための情報をお届けします。

30万円一括控除!個人事業主におすすめのパソコン選びガイド

カテゴリ:個人事業主が賢く節約・賢く使う

本ページはプロモーションが含まれています

コスパ最強!個人事業主におすすめのパソコン選びガイドの記事のアイキャッチ画像

この記事は約5分57秒で読めます。

この記事の監修者

こんにちは、グローイングスケールの代表竹林です。
現在Web制作の事業で個人事業主として活動しています。
Web業界に15年以上関わっていて、これまでに100以上のWordPressサイトを作ってきました。
サイト制作やマーケティングのことならお任せください。

同じ個人事業主として、みなさんが直面する悩みや課題をよく理解しています。
ウェブ解析士の資格を持っているため、データに基づいたアドバイスが可能。
エックスサーバーとビジネスパートナーです。
事業者概要

グローイングスケールの竹林の画像

目次

この記事は次のような人におすすめ!

この記事は、コストパフォーマンスの高いパソコンを購入したい個人事業主の方にぴったりな情報をお届けします。
必要なスペックやおすすめモデルなどを詳しく解説しちゃいます。
この記事を読めば、最適なパソコン選びをバッチリサポートして、業務効率をグッと高めるための有益な情報が手に入る。

結論:コストパフォーマンスに優れたパソコンの選び方

個人事業主にとって、仕事の効率を上げるために必要なパソコンを選ぶことが非常に重要です。
高性能でありながらコストを抑えたパソコンの選び方を解説します。

私自身、30万円未満の少額減価償却資産を使いました

私は個人事業主として、30万円未満の少額減価償却資産の特例を活用してパソコンを購入したことがあります。
この特例を利用すると、購入した年に全額を経費として計上できるため、節税効果が大きいんです。
例えば、私は仕事用に高性能なパソコンを購入し、その全額を経費として申告しました。
その結果、税金が軽減され、手元に残る資金を有効に活用することができました。
個人事業主にとって、この特例は本当に助かる制度なので、ぜひ活用してみてください。

少額減価償却資産の行い方

購入金額が30万円未満であることを確認します。
次に、購入したパソコンの領収書を保管し、会計ソフトや手書きの帳簿に記録します。

確定申告の際には、以下の手順で少額減価償却資産として申告します:

  1. 申告書の準備
    確定申告書Bの第二表(収支内訳書)を用意します。
  2. 減価償却の記入
    収支内訳書の「減価償却費」欄に、少額減価償却資産として購入したパソコンの金額を記入します。
  3. 明細書の添付
    減価償却資産の明細書を作成し、パソコンの購入日、取得価額、資産の内容などを記入します。
  4. 申告書への添付
    減価償却資産の明細書を確定申告書に添付し、提出します。

業務専用パソコンの購入ガイド

仕事専用のパソコンを購入する際には、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • パフォーマンス: 高速な処理速度が求められるため、CPUやメモリのスペックに注目。
  • 信頼性: 長時間の使用に耐えられる信頼性が必要。
  • コスト: コストパフォーマンスを重視し、予算内で最高の性能を選ぶ。

仕事に合ったパソコン性能を選ぶ方法

自分の業務内容に最適なパソコンを選ぶために、以下の性能に注目しましょう。

  • CPU: 高速処理が必要な場合は、インテルCore i5以上がおすすめ。
  • メモリ(RAM): 複数のアプリケーションを同時に使うなら、16GB以上を推奨。
  • ストレージ: SSD(ソリッドステートドライブ)を選ぶことで、データの読み書き速度が速くなります。

デスクトップとノートパソコン、どっちがいい?

用途に応じて、デスクトップとノートパソコンのどちらが適しているかを考えましょう。

  • デスクトップ: パフォーマンス重視で、オフィスなど固定の場所で使用する場合に最適。
  • ノートパソコン: 持ち運びが必要な場合や、スペースを取らない柔軟性を求める場合におすすめ。

事業の形態によって、デスクトップかノートパソコンか決めておきましょう。

パソコン選びで注目すべきスペック

パソコンを選ぶ際には、以下のスペックに注目することが重要です。

CPU選びのコツ

CPUはパソコンの頭脳です。
高性能なCPUほど、スムーズな動作が期待できます。
例えば、インテルCore i5やi7、AMD Ryzenシリーズがおすすめです。

メモリ(RAM)の重要性

メモリは同時に複数のアプリケーションを使う際に重要です。
8GB以上が標準ですが、16GB以上を選ぶとより快適に使えます。

ストレージの選び方

ストレージはデータを保存する場所です。
SSDはHDDよりも速く、パソコンの起動やアプリの読み込みが高速です。
最低でも256GBのSSDを選びましょう。

GPUが必要な人とは?

GPUはグラフィック処理を担当します。
動画編集や3Dグラフィックスを扱う方には、高性能なGPUが必要です。
NVIDIAやAMDの最新モデルを検討してください。

OSの違いを理解しよう

OSはパソコンの操作システムです。
Windowsは多くのソフトウェアに対応しており、MacOSはクリエイティブな作業に強みがあります。
自分の用途に合ったOSを選びましょう。

ディスプレイのポイント

ディスプレイは目に直接影響するため、解像度やサイズに注意。
フルHD以上の解像度と、自分の作業スタイルに合ったサイズを選びましょう。

職業別おすすめパソコンスペック

それぞれの職業に最適なパソコンスペックを紹介します。

ライター・編集者にぴったりのPC

ライターや編集者には、持ち運びしやすい軽量なノートパソコンがおすすめ。
バッテリーの持ちも重視しましょう。

デザイナー向けの高性能PC

デザイナーには高解像度のモニターと大容量メモリが必須です。
Adobe Creative Suiteなどの重いソフトを快適に動かせるスペックを選びましょう。

イラストレーターにおすすめのPC

イラストレーターには、高性能なペンタブレットの接続が可能なパソコンを選ぶと良いです。
大容量メモリと高解像度ディスプレイも重要です。

ITエンジニア必見のPCスペック

ITエンジニアには、マルチタスクが快適な高性能CPUと大容量メモリが必要です。
開発環境をスムーズに構築できるスペックを選びましょう。

事務代行向けの安定PC

事務代行には、信頼性とセキュリティを重視したパソコンが最適です。
データのバックアップ機能が充実したモデルを選びましょう。

事務作業におすすめのPC

事務作業には、基本的なOfficeソフトがスムーズに動くスペックがあれば十分です。
インテルCore i3やRyzen 3、8GBのメモリ、256GBのSSDが標準的な選択となります。

個人事業主に最適なノートパソコン5選【2024年最新版】

最新のおすすめノートパソコンを5つ紹介します。

1位: Lenovo IdeaPad Slim 170

シンプルで使いやすく、Microsoft Office付きで即戦力になるモデルです。
高性能なCPUと十分なメモリを備えており、日常業務をスムーズにこなせます。
詳しくはコチラ

2位: Lenovo ThinkPad E14 Gen 5 AMD

高性能で堅牢性があり、ビジネス用途に最適です。
AMD Ryzenプロセッサを搭載し、マルチタスクに強い仕様です。
詳しくはコチラ

3位: Lenovo ThinkBook 14 Gen 6 AMD

バランスの良いスペックとデザインで、幅広い用途に対応可能です。
長時間のバッテリー駆動も魅力です。
詳しくはコチラ

4位: Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8

最新技術を搭載し、コストパフォーマンスに優れたモデルです。
高解像度ディスプレイで、映像編集なども快適に行えます。
詳しくはコチラ

5位: Dell Inspiron 13 ノートパソコン

持ち運びに便利な軽量モデルで、バッテリー持ちも良好です。
ビジネス用途から日常使用まで幅広く対応します。
詳しくはコチラ

高性能なパソコンにカスタマイズ【BTOパソコン紹介】

BTOパソコンとは?

BTO(Build To Order)パソコンとは、ユーザーの希望に応じてパーツを選び、組み立てる方式のパソコンです。
これにより、必要なスペックを自由に選択でき、コストパフォーマンスの高いパソコンを手に入れることができます。
メーカー製のパソコンより、高性能なパソコンを低価格で購入できます。

BTOメーカー

@Sycom (サイコム)

  • 特徴: 高性能GPUを搭載したカスタマイズが可能。
  • 利点: 必要なスペックを自由に選べるため、コストパフォーマンスが高い。

FRONTIER

  • 特徴: 最新GPUや格安構成を選べる。
  • 利点: コスト重視の個人事業主に最適。予算内で高性能なパソコンを手に入れられます。

MDL.make

  • 特徴: SNSで話題のゲーミングPC。
  • 利点: 高性能で信頼性が高く、仕事と趣味の両方に活用できる。

パソコン購入時の経費計上方法

購入時の経費計上方法を詳しく解説します。

10万円未満のパソコンの経費計上

10万円未満のパソコンは全額を一度に経費として計上可能です。
この方法を活用すると、会計処理が簡単になります。

10万円以上のパソコンの経費計上方法

10万円以上のパソコンは減価償却が必要です。
具体的には、耐用年数に応じて費用を分割して計上します。

まとめ: 個人事業主におすすめのノートパソコンと経費計上方法

コストパフォーマンスに優れたパソコンを選び、適切に経費計上することで、業務効率を向上させつつ節税効果を最大化しましょう。
自分の業務に最適なパソコンを見つけることが、成功への第一歩です。

個人事業主サイト制作
お任せください!

新規作成もリニューアルも承っています。
様々な業界のWebサイトを100サイト以上作ってきました。
プロのWeb制作でビジネスを拡大しませんか?

Webのお困りごとをご相談ください。
ご予算に合わせたコストパフォーマンスが高いご提案致します。

成功事例を多数紹介!
お客様の声もご覧いただけます。

今すぐ相談

直通電話電話番号03-6826-2114のアイコン03-6826-2114

制作プランのご紹介

合わせて読みたい「個人事業主が賢く節約・賢く使う」の記事

この記事を書いた人

Growing Scale 代表竹林

Web業界約15年。WordPress化したサイトは約100サイト以上。
SEOキーワードで上位表示経験多数。ウェブ解析士。サイト制作実績

GrowingScale代表

記事タイトルとURLをコピーする

個人事業主の知恵袋」の関連記事

個人事業主 確定申告 目をつけられるの記事のアイキャッチ画像

個人事業主が確定申告で税務署に目をつけられない方法

個人事業主が賢く節約・賢く使う

この記事は次のような人におすすめ! 確定申告後に税務署からの連絡が心配な個人事業主の方へ。税務署に目をつけられな...

続きを読む

コスパ最強!個人事業主におすすめのパソコン選びガイドの記事のアイキャッチ画像

30万円一括控除!個人事業主におすすめのパソコン選びガイド

個人事業主が賢く節約・賢く使う

この記事は次のような人におすすめ! この記事は、コストパフォーマンスの高いパソコンを購入したい個人事業主の方にぴ...

続きを読む

Adobeソフトのイメージ画像

個人事業主必見!Adobe CCを安く購入する方法

個人事業主が賢く節約・賢く使う

この記事は次のような人におすすめ! 個人事業主でAdobe Creative Cloudを安く契約したい方 ...

続きを読む

個人事業主 ソフトバンク光のイメージ画像

個人事業主におすすめのソフトバンク光の契約方法とメリット

個人事業主向けのネット回線

この記事は次のような人におすすめ! 個人事業主で、ソフトバンク光の回線に興味がある方 法人契約を検討して...

続きを読む

個人事業主 auひかりのイメージが象

auひかりで個人事業主が得する理由と申し込みガイド

個人事業主向けのネット回線

この記事は次のような人におすすめ! 個人事業主でauひかりの回線を検討している方 法人契約を考えている方...

続きを読む

個人事業主に最適なドコモ光の法人契約ガイド

個人事業主向けのネット回線

この記事は次のような人におすすめ! 個人事業主でドコモ光の契約を検討している方 法人契約を考えている方 ...

続きを読む

コメントを入力

ご意見や思った事など、なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。