個人事業主の知恵袋

個人事業主の方に向けて、実体験をベースに個人事業主をスムーズにするための情報をお届けします。

個人事業主向けバーチャルオフィスのおすすめ!選び方とコストを抑える!

カテゴリ:個人事業主の便利サービス

本ページはプロモーションが含まれています

バーチャルオフィスの画像

この記事は約7分3秒で読めます。

この記事の監修者

こんにちは、グローイングスケールの代表竹林です。
現在Web制作の事業で個人事業主として活動しています。
Web業界に15年以上関わっていて、これまでに100以上のWordPressサイトを作ってきました。
サイト制作やマーケティングのことならお任せください。

同じ個人事業主として、みなさんが直面する悩みや課題をよく理解しています。
ウェブ解析士の資格を持っているため、データに基づいたアドバイスが可能。
エックスサーバーとビジネスパートナーです。
事業者概要

グローイングスケールの竹林の画像

目次

この記事は次のような人におすすめ!

  • バーチャルオフィスを検討している個人事業主の方
  • コストを抑えつつ信頼性のある住所を利用したい方
  • 自宅の住所を公開したくない方
  • 法人登記や郵便物転送などのサービスを探している方

結論:バーチャルオフィスは個人事業主に最適な選択肢

バーチャルオフィスを使うと、コストを抑えながら信頼性の高い住所を手に入れることができるんです。
プライバシー保護や色々なオプションサービスも利用できて、ビジネスの幅が広がります。

ここからは、バーチャルオフィスの基本情報、具体的なメリット、選び方、そしておすすめの業者について詳しく解説していきます。

バーチャルオフィス利用者の声

利用者の声のイメージ画像

名刺交換でバーチャルオフィスの住所が悪評と結びつかないようにするためには、信頼できる業者を選ぶのが重要です。
私も個人事業主として数年間バーチャルオフィスを利用してきましたが、多くのバーチャルオフィスを調査して選んできました。
バーチャルオフィスの選び方がビジネスの成否に直結することを実感しています。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスは、物理的なオフィスを持たずにビジネス住所を使えるサービスです。
このサービスでは、事業用の住所を提供してくれるだけでなく、郵便物の受け取りや電話対応などのオプションもあります。

例えば、東京の一等地である銀座や丸の内の住所を低コストで利用できるので、ビジネスの信頼性がぐっと上がります。
バーチャルオフィスを利用すれば、個人事業主でも大企業と同じような住所を持つことができるんです。

バーチャルオフィスのメリット

メリットの画像

一等地のオフィス住所をリーズナブルに利用

バーチャルオフィスを利用すると、高級感のある一等地の住所を低コストで使えます。 これでビジネスの信頼性が一気にアップします。 例えば、東京の銀座や丸の内の住所を借りると、クライアントへの印象が大きく変わるんです。 実際、私が銀座の住所を使い始めたところ、ビジネスの受注率がぐんと上がりました。

プライバシー保護とセキュリティの向上

バーチャルオフィスを利用することで、自宅住所を公開しなくて済みます。 これにより、プライバシーを守るだけでなく、家族の安全も確保できます。 特に、自宅をオフィスとして使っている場合、家族のプライバシーと安全を守るためにバーチャルオフィスは非常に有効です。

特定商取引法対策としての有効性

特定商取引法では、販売者の住所を公開する必要がありますが、バーチャルオフィスを使うことで、自宅住所を公開せずに済みます。 これにより、詐欺や嫌がらせから身を守ることができます。 私の友人もネットショップを運営していて、自宅住所を公開するリスクを避けるためにバーチャルオフィスを活用しています。

バーチャルオフィス利用時の注意点

注意点の画像

他の利用者と同じ住所になるリスク

バーチャルオフィスでは、複数の企業が同じ住所を使うことになります。
これによって、信用性に疑問を持たれることもあります。
そのため、信頼性の高い業者を選び、必要に応じて訪問や打ち合わせが可能なサービスを選ぶことが重要です。
例えば、顧客から「この住所に多くの企業があるのはなぜか?」と質問されたことがありましたが、信頼性の高い業者を選んでいたため、問題なく説明できました。

法人口座開設や許認可取得の課題

一部の銀行や行政機関では、バーチャルオフィスの住所での法人口座開設や許認可取得が難しい場合があります。
これは、バーチャルオフィスの住所が実体のないオフィスとして認識されることがあるためです。
事前に利用予定の銀行や行政機関に確認しておくと安心です。
私も過去に、バーチャルオフィスの住所で口座開設を試みた際、事前に確認を取っていたためスムーズに手続きが進みました。

おすすめのバーチャルオフィス18社を比較

詳細比較のイメージ画像

ワンストップビジネスセンター

ワンストップビジネスセンターは、全国44拠点でバーチャルオフィスサービスを提供しています。
法人登記、郵便転送、電話対応、会議室利用など、ビジネスに必要な機能を月額4,800円から提供。
各プランに30日間の返金保証が付き、全国どこでも会議室が利用可能です。
創業16年で20,000以上の累計契約実績を持ち、信頼性の高いサービスです。
自宅で企業。格安バーチャルオフィス【ワンストップビジネスセンター】

レゾナンス

レゾナンスは月額990円から利用できるバーチャルオフィスサービスを提供しています。
法人登記、郵便物受取・転送、電話対応、会議室利用など、起業やビジネス支援に必要な機能を備えています。
さらに、銀行紹介や法人設立支援なども提供し、全国の拠点で安心して利用できます。
月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】

Karigo

月額980円から利用可能です。
法人登記、郵便物受取、転送、電話対応、会議室利用など、多岐にわたるサポートを提供。
全国に多数の拠点があり、起業やビジネスの拡大を支援します。
SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス

リージャス

リージャスは、全国184以上の拠点でレンタルオフィスやコワーキングスペースを提供しています。
住所貸出や電話応対、会議室の時間貸しなど、柔軟なワークスペースを提供し、起業家から大企業まで幅広いニーズに対応。
各拠点は駅近で、利便性が高いロケーションに位置し、最先端のビジネス環境を備えています。
オフィス家具や内装が完備されている【レンタルオフィスのRegus (リージャス)】

銀座セカンドライフ アントレサロン

アントレサロンは、東京都、神奈川県、埼玉県に複数の拠点を持つレンタルオフィス・コワーキングスペースです。
月額3,800円から利用でき、法人登記や郵便物の受け取り、起業支援セミナーや交流イベントも提供。
ビジネスに必要なサービスをワンストップでサポートします。
各店舗は駅近でアクセス良好、契約すれば全店舗が利用可能です。
初期費用0円、月額3,800円〜|レンタルオフィス・コワーキングスペース【アントレサロン】

バーチャルオフィス1

月額880円で法人登記が可能で、郵便物の月4回転送、LINE通知、来客対応などのサポートが含まれています。
住所利用や法人登記ができ、追加オプションで24時間郵便物受取や会議室利用も可能です。
起業支援として、司法書士や税理士の紹介なども提供されます。
月額880円+郵送費用で法人登記&月4回転送付【バーチャルオフィス1】

和文化推進協会

個人情報の公開を避けたい方向けに住所と電話番号のレンタルを提供するバーチャルオフィスです。
特にネットショップ運営者やクリエイターを対象に、業界最安値での利用が可能です。
郵便物や荷物の転送サービスもあり、安心して創作活動に集中できます。
会員になると、補助金や助成金の情報提供、クラウドファンディングの支援などの特典も受けられます。
【業界最安の月額500円】バーチャルオフィスサービス会員募集「和文化推進協会」

バーチャルオフィスの選び方

チョイスの画像

信頼性の高い業者を選ぶポイント

バーチャルオフィスを選ぶ際に最も重要なのは、信頼できる業者を選ぶことです。
信頼性の高い業者を選ぶことで、バーチャルオフィスのデメリットを最小限に抑えられます。

実際に利用しているユーザーの口コミや評判を確認し、サービス内容をしっかり比較しましょう。
例えば、ユナイテッドオフィスやGMOオフィスサポートなど、長年の実績があり、多くの利用者から高評価を得ている業者は安心して利用できます。

オフィスの場所と法人登記の可否

ビジネスにおいて住所の重要性

ビジネスをする上で、住所の重要性って本当に高いんです。
信頼性のある場所で法人登記ができるかどうかを確認し、クライアントに良い印象を与える住所を選ぶことが大切です。
例えば、東京の銀座や丸の内など、一等地の住所を持つことで、ビジネスの信頼性が大幅に向上します。

必要なオプションサービスの確認

バーチャルオフィスを選ぶときは、必要なオプションサービスが揃っているかを確認することが本当に重要なんです。
例えば、郵便物転送、電話対応、会議室利用など、自分のビジネスに必要なサービスがあるかどうかをチェックしましょう。
私も過去に、頻繁にクライアントとの打ち合わせがあるため、会議室の利用が可能なバーチャルオフィスを選びました。

バーチャルオフィスのオプションサービス

オプションのイメージ画像

郵便物・荷物の転送プラン

バーチャルオフィスの多くは、郵便物や荷物の転送サービスを提供しています。
これのおかげで、自宅にいながらでもビジネスに必要な書類や商品を受け取ることができるんです。
例えば、週に一度の転送や、急ぎの書類を即日転送してもらえるサービスなどがあります。
私も重要な書類が多いため、即日転送サービスを利用して迅速に受け取っています。

03番号取得の必要性

03番号を取得することで、ビジネスの信頼性がぐっと高まります。
特に東京を拠点とするビジネスでは、03番号の利用が一般的なんです。
これによって、クライアントからの信頼がアップし、ビジネスチャンスが増えることがあります。
例えば、03番号を取得したことで、大手企業からの問い合わせが増えたという事例もあるんですよ。

有人受付サービスの重要性

来客対応や電話応対を有人で行うサービスは、ビジネスの信頼性を高めるんです。
急な来客が予想される場合、こういったサービスがあると本当に便利です。
例えば、重要なクライアントとの打ち合わせ時に有人受付が対応することで、プロフェッショナルな印象を与えることができます。

バーチャルオフィスを利用している職種

人々のイメージ画像

起業家

バーチャルオフィスは、初期費用を抑えたい起業家に最適です。
信頼性のある住所を持つことで、ビジネスのスタートアップを円滑に進めることができます。

個人事業主・フリーランス

バーチャルオフィスは、自宅住所を公開したくない個人事業主やフリーランスにとって非常に便利。
プライバシーを保護しながら、ビジネスの信頼性を向上させることができます。

士業・専門職

法律や会計などの専門職の方も、バーチャルオフィスを利用することで、クライアントに信頼性の高い印象を与えることができます。
特に都心の一等地の住所を持つことで、クライアントの信頼を得やすくなります。

地方・海外在住で都内起業を目指す人

地方や海外に住みながら東京でビジネスを展開したい方にも、バーチャルオフィスは非常に有効です。
一等地の住所を持つことで、東京でのビジネス展開がスムーズに進みます。

ノマドワーカー

場所に縛られずに仕事をするノマドワーカーにとって、バーチャルオフィスは最適な選択肢です。
常に移動していても、一定の住所を持つことでビジネスの信頼性を保つことができます。

よくある質問

バーチャルオフィスの納税地について

バーチャルオフィスの住所を納税地として利用できるかは、事前に確認が必要です。
一般的には、バーチャルオフィスの住所を納税地として登録することが可能ですが、自治体によって異なる場合があります。

バーチャルオフィス利用料の経費計上

バーチャルオフィスの利用料は、ビジネスの経費として計上することができます。
これは、実際のオフィスを借りるよりもコストを抑えることができるため、非常に経済的です。

屋号付き個人事業主用口座の開設

バーチャルオフィスを利用している場合でも、屋号付きの個人事業主用口座を開設することができます。
ただし、銀行によっては追加の書類が必要な場合があるため、事前に確認しておくと安心です。

東京のおすすめバーチャルオフィスエリア

銀座・虎ノ門・日本橋エリア

このエリアは、ビジネスの中心地であり、信頼性の高い住所を持つことができます。
多くのバーチャルオフィスがこのエリアに拠点を構えており、クライアントへの印象も良好です。

渋谷・池袋・新宿エリア

若者やスタートアップが集まるエリアであり、クリエイティブなビジネスに最適。
活気のある環境で、ネットワーキングの機会も多くあります。

青山・表参道エリア

高級感のあるエリアであり、ファッションやデザイン関連のビジネスに最適です。
一等地の住所を持つことで、ブランドイメージを向上させることができます。

【まとめ】個人事業主はバーチャルオフィスでビジネスをスタート!

バーチャルオフィスの利用は、コストを抑えながら信頼性の高い住所を持つことができるため、特に個人事業主やフリーランスにとって最適な選択です。
一等地の住所を利用することでビジネスの信頼性を大幅に高めることができますし、自宅住所を公開せずに済むのでプライバシーも保護できます。

個人事業主はバーチャルオフィスをうまく活用して、コストを抑えつつ、信頼性の高いビジネスをスタートさせましょう。
自分に合ったバーチャルオフィスを選び、事業の成長と成功を目指して頑張りましょう。

個人事業主サイト制作
お任せください!

新規作成もリニューアルも承っています。
様々な業界のWebサイトを100サイト以上作ってきました。
プロのWeb制作でビジネスを拡大しませんか?

Webのお困りごとをご相談ください。
ご予算に合わせたコストパフォーマンスが高いご提案致します。

成功事例を多数紹介!
お客様の声もご覧いただけます。

今すぐ相談

直通電話電話番号03-6826-2114のアイコン03-6826-2114

制作プランのご紹介

合わせて読みたい「個人事業主の便利サービス」の記事

この記事を書いた人

Growing Scale 代表竹林

Web業界約15年。WordPress化したサイトは約100サイト以上。
SEOキーワードで上位表示経験多数。ウェブ解析士。サイト制作実績

GrowingScale代表

記事タイトルとURLをコピーする

個人事業主の知恵袋」の関連記事

個人事業主 確定申告 目をつけられるの記事のアイキャッチ画像

個人事業主が確定申告で税務署に目をつけられない方法

個人事業主が賢く節約・賢く使う

この記事は次のような人におすすめ! 確定申告後に税務署からの連絡が心配な個人事業主の方へ。税務署に目をつけられな...

続きを読む

コスパ最強!個人事業主におすすめのパソコン選びガイドの記事のアイキャッチ画像

30万円一括控除!個人事業主におすすめのパソコン選びガイド

個人事業主が賢く節約・賢く使う

この記事は次のような人におすすめ! この記事は、コストパフォーマンスの高いパソコンを購入したい個人事業主の方にぴ...

続きを読む

Adobeソフトのイメージ画像

個人事業主必見!Adobe CCを安く購入する方法

個人事業主が賢く節約・賢く使う

この記事は次のような人におすすめ! 個人事業主でAdobe Creative Cloudを安く契約したい方 ...

続きを読む

個人事業主 ソフトバンク光のイメージ画像

個人事業主におすすめのソフトバンク光の契約方法とメリット

個人事業主向けのネット回線

この記事は次のような人におすすめ! 個人事業主で、ソフトバンク光の回線に興味がある方 法人契約を検討して...

続きを読む

個人事業主 auひかりのイメージが象

auひかりで個人事業主が得する理由と申し込みガイド

個人事業主向けのネット回線

この記事は次のような人におすすめ! 個人事業主でauひかりの回線を検討している方 法人契約を考えている方...

続きを読む

個人事業主に最適なドコモ光の法人契約ガイド

個人事業主向けのネット回線

この記事は次のような人におすすめ! 個人事業主でドコモ光の契約を検討している方 法人契約を考えている方 ...

続きを読む

コメントを入力

ご意見や思った事など、なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。